建設業法改正も視野に!中間とりまとめ案発表

皆さんこんにちは!広報部の清水です。今日は、国土交通省が進める建設業法等の改正に向けた動きをお伝えいたします。

国土交通省は6月18日(月)に中央建設業審議会・社会資本整備審議会産業分科会建設部会基本問題小委員会を開催し、「建設産業政策2017+10」における提言のうち、建設業許可制度の見直しなど法制度面での対応が必要な事項についての中間とりまとめ(案)を発表しました。

「長時間労働の是正」、「(技能労働者の)処遇改善」、「生産性向上」、「地域建設業の持続性確保」の分野に関する建設業法改正を視野に入れた中間とりまとめ案の概要は下記の通りです。

 

中間とりまとめ(案)(概要)

中間とりまとめ案

これらは国土交通省が危惧する建設業における労働人口減少を打開するため、建設業法改正も視野に入れた政策プランです。建設業許可をお持ちの皆さんにとって大きな影響を及ぼすものですので、続報は随時こちらのブログでお伝えしていきます。関連記事は下のリンクよりご確認ください。

関連記事
2018/06/18 国土交通省が検討する「専門工事共同施工制度」とは?
2018/06/15 国土交通省 監理技術者配置の合理化案を検討
2018/02/23 適正な工期設定 ガイドライン改訂へ
2018/02/15 国土交通省 社会保険加入を建設業許可の要件化検討へ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA