建設業許可取得 はじめの一歩

新規に建設業許可を取得する場合、まずは以下の要件を満たすことが必要となります。

ご参考にしてください。

建設業許可新規取得簡単チェックシート

※東京都知事許可、一般建設業許可を想定

STEP 1

【経営業務管理責任者の要件チェック】

①建設業許可を持った会社で5年以上の取締役、もしくは令3条使用人の経験がありますか?

はい  / いいえ

②建設業許可を持っていない会社で5年以上の取締役経験があり、その在任期間に許可を受けようとする建設業に関する税込500万円未満の工事実績が複数ありますか?

はい / いいえ

③5年以上の個人事業主としての経験があり、その間に税込500万円未満の工事実績が複数ありますか?

はい / いいえ

上記、①~③のうちどれかひとつ以上に該当したら、STEP2へ。

STEP 2

【専任技術者の要件チェック】

④許可を受けようとする業種に応じた免状・資格をお持ちの方が常勤でいますか?

はい / いいえ

⑤許可を受けようとする業種に係る建設工事の実務経験が10年(指定学科卒の場合は大卒3年、高卒5年) 以上ありますか?

はい / いいえ

上記、どちらかに該当したら、STEP3へ。

STEP 3

【財産要件チェック】

⑦直近の決算書の純資産額が500万円以上ありますか?

はい / いいえ

⑧500万円以上の残高証明書を発行できますか?

はい / いいえ

どちらかに、該当した場合、建設業許可を取得できる可能性が高くあります。

実際には経営業務管理責任者や専任技術者の常勤確認や工事実績の証明等、個別に確認すべき点が多くあります。まずはお気軽にご相談ください。

建設業許可の要件を満たす為に時間がかかる場合もございます。

数年後、知らなかったことで取得を逃すのは残念なことです。

今すぐでなくても、今後建設業許可を取得するために、皆さまからのご連絡お待ちしております!

建設業許可の新規取得について、詳しくはこちら

建設業許可初心者のお客様もご安心ください!
この道のエキスパートが丁寧にご案内いたします。

対応エリア

東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 大阪府 愛知県 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県