国土交通省が社保加入・労働規制逃れの「一人親方化」防止を検討!?

オータ事務所 広報部の馬場です。建設業許可に強い東京都にあるオータ事務所の社会保険労務士部門から、建設業に関連する保険関係の有益な情報をお届けします。2020年10月1日に施行となる改正建設業法によって社会保険の加入を建設業許可の要件とすることが予定されていますが、国土交通省は社会保険加入や長時間労働規制などを逃れることを目的とする社員(技能者)の「一人親方化」について抑制・防止策の検討を進めています。

国土交通省では以前からガイドラインやパンフレットを通じて一人親方でも働き方に応じて社会保険に加入させるように取り組んでいました。オータ事務所のお客様から「請負契約をしている一人親方は社会保険に加入させなければならないのか?」「社会保険に加入していない一人親方は現場に入れないことがあるのか?」というご質問を頂くことがあります。結論から言いますと一人親方にも働き方に応じて社会保険の加入義務が発生する可能性があります。

どのような働き方をしている一人親方は、社会保険の加入義務が発生する可能性があるのか解説してきます。

 

一人親方ではなくて労働者かも!?

形式上請負契約をしている一人親方でも、実際は労働者として働いている場合があります。社会保険に加入義務が発生するかしないかは、労働者か請負人か正確に把握しておくことが必要です。国土交通省では、労働者か請負人かを判断するための事例を示したリーフレットを作成しています。

 

普段使っている一人親方の働き方はどちらに近いですか?
下の項目のいずれかに○を付けてください。

一人親方へ急な仕事を依頼した時、親方は断ることができますか? ( ) 断ることはできない ( ) 断ることができる
一人親方の仕事が早く終わった時などに予定外の仕事を依頼した場合、親方は断ることができますか? ( ) 断ることはできない ( ) 断ることができる
一人親方には貴社の就業規則など服務規律を適用していますか? ( ) 適用している ( ) 適用していない
一人親方の仕事の就業時間(始業・終業)は貴社が決めていますか? ( ) 決めている ( ) 決めていない
当日の仕事が早く終わった時、一人親方が仕事から上がるには貴社の了解が必要ですか? ( ) 必要である ( ) 必要でない
仕事が早く終わった時に、一人親方が自分で見つけた他の現場の仕事に行くことができますか? ( ) 認めていな ( ) 支障ない
工程調整上の指示や事故防止のための指示を除き、一人親方の日々の仕事の内容や方法はどのように決めていますか? ( ) 毎日、細かな指示、具体的な指示を出している ( ) 毎日の仕事量や配分、進め方は一人親方の裁量に任せている
一人親方の都合が悪くなり、代わりの者が必要となった場合はどのように対応していますか? ( ) 貴社が代わりの者を探す ( ) 一人親方が自分の判断で代わりの者を探す
一人親方の仕事を代わりの者が行った場合の報酬(工事代金又は賃金)は、誰に支払いますか? ( ) 代わりをした者 ( ) 一人親方
一人親方の通常のミスや一人親方の責任による作業遅延によって損害が生じた場合、誰がその損害を負担しますか? ( ) 貴社が負担する ( ) 一人親方が負担する
一人親方が仕事で使う機械・器具(手元工具を除く)は誰が提供していますか? ( ) 貴社が提供する ( ) 一人親方が持ち込む
一人親方が仕事で使う材料は誰が提供していますか? ( ) 貴社が提供する ( ) すべて一人親方が調達する
一人親方の報酬( 事代金又は賃金)はどのように決められていますか? ( ) 一日当たりの単価など働いた時間による ( ) 工事の出来高見合い

右に○が多い場合は事業者性が強く、左側に○が多い場合は一人親方ではなく雇用されるべき労働者として判断される場合があります。

出典:みんなで進める一人親方の保険加入(国土交通省)https://www.mlit.go.jp/common/001002164.pdf

 

一人親方と請負契約を結んでいるが実態は上記の項目が該当するような場合は、労働者と判断される可能性が出てきます。労働者と判断されれば、自社の従業員として社会保険に加入させなければなりません。もし判断にお困りの場合は、オータ事務所にお問合せください。

 

一人親方の偽装に対するペナルティ

企業が法定福利費の負担を軽くするために、自社の社員を一人親方として独立させ請負契約を結んで仕事をさせる例があります。企業の都合による一人親方化は、社会保険未加入対策に逆行するものであり、形式が請負であっても実態が労働者であれば、社会保険関係法令や労働関係法令が適用され、処分される場合があります。未納保険料の納付と延滞金の支払いを求められ、労働者であるにも関わらず業務委託や請負として労働時間を守らなかった場合には、労働基準法違反となる場合があります。

 

技能者の自社雇用に取り組む企業を積極評価!

現在制度検討を進めている「専門工事企業の施工能力の見える化」において、一人親方の社会保険の加入など技能者の自社雇用、教育・処遇改善に取り組む専門工事企業を積極的に評価する予定です。

建設業に特化したオータ事務所の社会保険労務士部門OTA社会保険労務士法人に年間委託をしていただければ、一人親方についてのご相談もお受けいたします。また事務作業を軽減させるためにアウトソーシングをご検討されている企業様もお問合せください。

社会保険加入に関するお問合せ

会保険加入に関するお問合せ
1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA