あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の労災保険特別加入申し込みページ

このページは、日本鍼灸マッサージ協同組合所属のあん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師、及びこれからご加入予定のかたの労災保険特別加入申し込み専用ページです。

只今、7月1日付での加入のお申し込みを受け付け中です。

 【締切日:6月15日水曜日13時】

みなさまからのお申込みを心よりお待ちしております!

6月1日付での加入のお申込みは、5月13日金曜日13時で締め切らせていただきました。

たくさんのお申込みをいただきありがとうございました!

 

2131686
446355

労災保険特別加入のお申し込みフォーム

↓お申し込みは、こちらをクリックしてください。
労災保険特別加入のお申し込みフォーム

 

※お申し込み前に日本鍼灸マッサージ協同組合 労災保険特別加入確認書をご確認ください。

※16時までの申し込みの場合は5営業日以内、16時以降の場合は6営業日以内に日本鍼灸マッサージ協同組合からメールでご連絡が届きます。

※申し込み後、5または6営業日以内に日本鍼灸マッサージ協同組合からのメールが届かない場合は、rosai@jamm.or.jpへご連絡ください。

※保険料と手数料の振り込みは日本鍼灸マッサージ協同組合からの振り込み額確定メールが届いてからお願いいたします。

※振込みの際のお名前は、申し込み者のお名前でお願いいたします。振込み者名と申し込み者名が異なる場合は、rosai@jamm.or.jpへご連絡ください。

※協同組合に出資していることが確認できない場合、出資金のご請求をさせていただくことがありますのでご了承ください。

※申し込み後に氏名、住所等に変更があった場合は、下記のお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

 

お問い合わせ

労災保険の特別加入に関してご不明な点などございましたら、下記よりお問い合わせください。
↓お問い合わせは、こちらをクリックしてください。

お問い合わせ

 

1日あたりの補償料っていくら?(給付基礎日額)

1日あたりの補償料のことを給付基礎日額と言います。給付基礎日額は、労災保険の給付額を算定する基礎となるものです。特別加入を行う方の所得水準に見合った適正な額を申請していただき、労働局長が承認した額が給付基礎日額となります。以下の額より選択します。

 

保険料はいくらになる?

特別加入者の保険料については、保険料算定基礎額(給付基礎日額に365を乗じたもの)にそれぞれの事業ごとに定められた保険料率を乗じたものとなります。
なお、年度途中において、新たに特別加入者となった場合や特別加入者でなくなった場合には、当該年度内の特別加入月数(1ヵ月未満の端数があるときは、これを1ヵ月とします)に応じた保険料算定基礎額により保険料を算定することとなります。

年間保険料

保険料表

料金表rev

キャンペーン

 

申し込みの流れ

nagare

 

 

そもそも労災保険って?

国が運営する労働者災害補償保険は労働者の業務災害等の補償を行う仕組みです。

格安な費用で,厚い補償が受けられますが、事業主および事業主に近い方(個人事業主・取締役・一人親方等)は労災の特別加入を行っていないと補償を受けることはできません。

特別加入は事務組合を通じてのみ加入することができます。

 

主な補償内容

1. 療養(補償)給付

療養補償給付とは、労働者が業務または通勤が事由で負傷したり、病にかかって療養を必要とするとき、療養補償給付(業務災害の場合)または療養給付(通勤災害の場合)が支給されます。
療養補償給付には、「療養の給付」と「療養の費用の支給」があります。療養の給付とは、労災病院や労災保険指定医療機関・薬局等で無料で治療や薬剤の支給などを受けられます。 これを現物給付といいます。
療養費用の支給とは、近くに指定医療機関等がないなどの理由で、指定医療機関等以外の医療機関や薬局等で医療を受けた場合に、その療養にかかった費用を支給する現金給付です。療養補償は業務または通勤中に発生した怪我や病気の治療費を補償する制度です。

交通事故

2. 休業(補償)給付

労働者が、業務または通勤が原因となった負傷や疾病による療養のため労働することができず、そのために賃金を受けていないとき、その第4日目から休業補償給付(業務災害の場合)、または休業給付(通勤災害の場合)が支給されます。

3. 障害(補償)給付

障害補償給付の額は、労働者災害補償保険法施行規則別表1で定める障害等級の区分により、以下の通りになっています。なお、障害等級表に当てはまらない障害については、障害等級表にある障害に準じて障害等級を決定することになっています。

4. 遺族(補償)給付

遺族補償年金の受給資格を得られるのは、労災の対象となった労働者が亡くなった当時、その人の収入に頼って生活していた(同一の生計を維持していた)人です。対象となるのは「 配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹 」で、優先順位もこれと同じ順になります。
また、遺族は労災が認定された当時に一定の年齢である、もしくは一定の障害を認定されていなければなりません。ただし、妻に限っては、この条件から除外されます。「その人の収入に頼って生活していた(同一の生計を維持していた)」の定義については、ほとんどまたはすべての生活を労働者の収入でまかなっている必要はなく、一部分でも該当していれば認められるのです。

 

民間の保険との違い(所得補償)

労災特別加入とよく比較されるのが民間の【所得補償保険】です。 所得補償保険は会社ごとに特色がありますので一概には言えませんが、一般的には保険期間中にケガ、病気によって就業不能となり、その状態が一定期間継続したことによる収入減をカバーする保険です。勤務中でのケガはもちろん、プライベートでのケガや病気の場合も就業不能となった場合に補償の対象となる点が労災特別加入との大きな違いです。以下の表で違いをご確認ください。

民間の保険(所得補償保険) 労災保険(特別加入)
支払事由の原因 けが、病気で就業不能 就業中または通勤途上のけが(仕事に起因する一部の病気も含む)
治療費の支払い 所得補償保険では支払不可 認定を受ければ治癒まで保険で対応可
休業補償 予め設定した金額、制限日数に応じて支払われる 選択した給付日額の80%、原則1年6ヶ月
死亡補償 一部を除き補償なし 遺族年金または一時金
保険料 年齢や補償額、補償期間によって異なる 選択した給付日額に応じて異なる

※民間の保険はあくまで一例です。保険契約内容により補償内容が異なる場合があるので詳しくは扱代理店に確認願います。

労災保険の特別加入では、就業中または通勤途上のケガ、仕事に起因する病気に限定されていますが、国が運営する保険制度のため、保険料は安く押さえられており、手厚い補償となっています。ぜひこの機会に労災保険の特別加入をご検討ください!

 


Q&A

皆様からよくいただくご質問はこちらをご覧下さい

 

労災保険特別加入のお申し込みフォーム

↓お申し込みは、こちらをクリックしてください。

労災保険特別加入のお申し込みフォーム

 

※お申し込み前に日本鍼灸マッサージ協同組合 労災保険特別加入確認書をご確認ください。

※16時までの申し込みの場合は5営業日以内、16時以降の場合は6営業日以内に日本鍼灸マッサージ協同組合からメールでご連絡が届きます。

※申し込み後、5または6営業日以内に日本鍼灸マッサージ協同組合からのメールが届かない場合は、rosai@jamm.or.jpへご連絡ください。

※保険料と手数料の振り込みは日本鍼灸マッサージ協同組合からの振り込み額確定メールが届いてからお願いいたします。

※振込みの際のお名前は、申し込み者のお名前でお願いいたします。振込み者名と申し込み者名が異なる場合は、rosai@jamm.or.jpへご連絡ください。

※協同組合に出資していることが確認できない場合、出資金のご請求をさせていただくことがありますのでご了承ください。

※申し込み後に氏名、住所等に変更があった場合は、下記のお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

 

お問い合わせ

労災保険の特別加入に関してご不明な点などございましたら、下記よりお問い合わせください。

↓お問い合わせは、こちらをクリックしてください。

お問い合わせ


オータ事務所 労働保険協会
TEL: 03-3340-5428
FAX: 03-3340-3320

FAXまたは郵送でのお申込みをご希望の場合は、
下記より申込書をダウンロードお願いいたします。
申込書

郵送先
〒163-1349
新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー 22階
オータ事務所労働保険協会
設楽宛
ページTOP