経営事項審査 担当者の引継ぎが十分でないとき・・・

建設業に特化した東京都新宿区の行政書士事務所オータ事務所のコンサルタントとして、経営事項審査等に関する相談対応を行っている大森です。
今回は自社で経営事項審査(経審)の手続きをしている担当者に向けての記事です。

経営事項審査について詳しくないご担当者でもオータ事務所がサポートします!

経営事項審査は提出書類は多数あり、どのような書類を提出していたか分からなくとも、弊社にご依頼頂ければ、手続きに必要な書類をわかりやすくご案内致します。

工事経歴書や技術者名簿などの作成は、片手間で作成するにはとても大変!

担当者が効率よく工事経歴書や技術者名簿などを作成するには、経験が必要です。
申請先の許可行政からも多くの指摘を受けやすい書類です。

建設業法の知識が無ければ、業法違反との指摘があるかも・・・!?

建設業法に詳しい当社に代行いただければ業法違反にならないように手続きを致します。

 

「経営事項審査って2年に一度だよね?」
⇒入札参加資格申請と勘違いされている方もいらっしゃいます。

「経営事項審査は1年と7カ月以内に結果通知を受け取らないといけないけど、申請はいつすればいいの?」
⇒書類をご準備いただく上でも、適切なスケジュール管理と合わせて、申請までの流れをお伝えいたします。

経営事項審査の申請はオータ事務所にお任せください!

年間1000件近く経営事項審査の手続きを行っており、手続きの注意点を伝えながら問題ない申請が行えます。
本来、入札参加申請が目的である為、それを意識した申請をご相談いただけます。
戦略的な申請も行えますので、一度オータ事務所にご相談ください。

信頼と実績のオータ事務所
豊富なスタッフが的確な申請に導きます!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA