一人親方ですが建設キャリアアップシステムの事業者登録は必要なのでしょうか?

建設業許可に特化した行政書士法人オータ事務所です。当事務所もたくさんの一人親方の登録申請を行っていますが、「事業者登録が必要か?」というご質問をいただくことが多いです。今回は一人親方の建設キャリアアップシステムの事業者登録がなぜ必要か解説していきます。

一人親方は技能者登録だけでは、現場に入場できないことも

ケース1:

一人親方が“下請企業の労働者”として作業員名簿に記載

一人親方が、その下請企業の社会保険に加入していない場合

元請企業による社会保険未加入対策の指導対象となり、現場入場できない可能性ある

 

ケース2:

一人親方が工事を請負う場合

そもそも事業者として施工体制台帳に登録が必要

事業者登録をしていないと建設キャリアアップシステム運用現場の施工体制には登録できない

 

建設現場に入場するには、下請企業として「請負契約」(下請企業の労働者としてではなく)を行い、建設キャリアアップシステムで事業者登録をしておく必要があります。

 

解説

「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」では国土交通省は元請企業に対して、下請企業が社会保険未加入であることが確認された場合、適切な社会保険加入をするよう指導が求められています。この指導は企業単位での加入状況に限らず、労働者単位で未加入であった場合も同様に行う必要があります。

また令和2年10月の建設業法施行規則の改正によって、施工体制台帳作成建設工事については作業員名簿の作成が義務化されたことから、技能者単位における社会保険の加入確認の厳格化についても措置を講ずることが求められています。

建設キャリアアップシステムの代行申請について、詳しくはこちら

登録は面倒!時間がない!→ 最速で申請をお手伝い!

インターネットでの登録は面倒、忙しくて時間が取れない・・・そんな一人親方さんのために、登録実績豊富な担当者が丁寧に対応させて頂きます。ぜひ建設キャリアアップシステムの代行申請は、建設業関連の許認可に特化した国内最大手行政書士事務所である当社におまかせください。

 

業界最安値に挑戦!

事業者登録

資本金5,000万円未満

一律35,000円

技能者登録

1人~10人

20,000万円/人

東京都だけでなく全国対応!下記のフォームからのお見積りは、365日24時間受付中です。

建設キャリアアップシステムの代行申請について、詳しくはこちら

  • 依頼内容
  •  事業者登録 技能者登録
  • 貴社名

    個人事業の方は屋号もしくは
    事業主氏名を入力ください。
  • ご担当者名
  • メールアドレス
  • 電話番号

事業者登録の見積希望の方は以下の項目に入力をお願い致します。

  • 事業形態
  • 資本金
    ※法人の場合
  • 万円
  • 都道府県
  • 建設業許可(有・無)
  • 許可区分(大臣・知事)

技能者登録の見積希望の方は以下の項目に入力をお願い致します。

  • 登録技能者数
  • 弊社を何でお知りになりましたか?
  •  以前から知っていた
     メルマガで知った
     紹介で知った
     検索エンジンで知った
     Facebookで知った
     Twitterで知った
     業界新聞で知った
     (一社)建設産業活性化センターから届く案内で知った
     その他
  • 詳細・ご要望等
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA