解体工事は要注意!?川崎市入札参加資格の予定公表

皆さんこんにちは!広報部の清水です。今秋より多くの自治体や官庁では平成31・32年度競争入札参加資格の継続申請受付けが開始されます。先日6月26日(火)には他の自治体に先がけて川崎市から平成31・32年度競争入札参加資格審査申請(業者登録)の予定が公表されました。川崎市は申請期間が早いので注意が必要です!

○インターネット申請期間:9月1日(土)~10月10日(水) (予定)
○添付書類の郵送受付期間:9月3日(月)~10月10日(水) (予定)
○登録区分:工事・委託・物品

 

【変更および注意事項】
●川崎市では今年度より紙申請の窓口審査は行われません。
●期間内の継続申請が行われない場合、平成31年4月1日以降に随時申請を行わなければなりません。(登録開始は最短でも平成31年5月1日)
●主観評価項目に「協力雇用主」が新設 (工事請負業者の等級区分の設定に活用)

 

工事業種「解体」への登録に必要な条件
川崎市が平成31年4月1日以降に契約する解体工事の案件に参加する場合は、工事業種「解体」での業者登録が必要です。この場合、解体工事業の建設業許可を受け、有効期限内の解体工事の総合評定値を有していることが必要です。

建設業の業種区分に解体工事が新設された平成28年6月1日における、とび・土工工事業の許可業者には平成31年5月末日まで解体工事の施工に関して経過措置が設けられていますが、川崎市以外の発注者においても同様の措置を取る発注者が出ることが見込まれます。

 

オータ事務所では競争入札参加資格の手続きについてプロジェクトチームを発足して、北海道から沖縄まで全国の自治体や官庁への手続きに対応させていただきます。全国対応だからアウトソーシングによって得られる人件費削減効果が大きく見込まれます。ご依頼に関するご質問やお問い合わせは、所定のフォームよりご連絡ください。お待ちしております!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA