建設業者の社会保険加入状況 検索システムで見える化

皆さんこんにちは!広報担当の清水です。本日は、国土交通省が提供する「建設業者企業情報検索システム」の掲載項目がアップデートされたことをお知らせ致します。

全国の建設業許可業者情報を商号などから検索できる本システムで、建設業者の社会保険の加入状況(健康・厚生年金・雇用の3保険)が確認できるようになりました。現在は国土交通大臣許可業者について先行して掲載され、知事許可業者については準備が整い次第、掲載予定とされています。尚、検索システムは月2回程度の更新のため、必ずしも現在の情報が正しく反映されていない場合もあります。

サンプル

引用:国土交通省ホームページ「建設業者・宅建業者等企業情報検索システム」

 

国土交通省は2012年度より社会保険未加入対策を開始、建設業許可申請(新規・追加・更新)時に社会保険の加入状況を確認し、未加入業者には加入指導を行っています。元請業者による下請業者への指導も効果があり、建設業者の社会保険加入率は着実に上昇しています。(2月末時点で建設業者の3保険加入率は92.3%)しかしながら、依然として未加入業者が存在することや、2017年10月に実施された公共事業労務費調査では下請次数が高くなるほど加入率は低くなる傾向が確認されています。

検索システムの社会保険加入状況の「見える化」も社会保険加入促進策の一環として捉えることが出来、さらに国土交通省は社会保険への加入を建設業許可申請の要件とすることを検討しています。下請業者への社会保険加入指導など、社会保険についてお困りの建設業者の方は、オータ事務所グループで多くの建設業者の社会保険手続きを手がけるOTA社会保険労務士法人までお問い合わせください。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA