国土交通省 社会保険未加入対策で「誓約書」の活用要請

国土交通省は社会保険未加入対策の一環として、1月26日(金)に工事の施工を社会保険加入企業に限定することをうたった「誓約書」の活用を求める事務連絡を47都道府県と政令指定都市、建設関係団体の長に宛てて送付しました。

建設業者の社会保険加入率100%を目指して発注者と受注者に連携を求め、元請企業には下請企業への加入指導をさらに求めるかたちとなります。

 

(誓約書の活用方法)

誓約書

○誓約書のひな形(国土交通省ホームページ)
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk2_000080.html

 

誓約書の活用と同時に国土交通省は、「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」における「適切な保険」の確認シート(フローチャート)を活用することで、元請企業には加入状況の確認を促し、下請企業においては自社の労働者の加入すべき保険を確認することを促しています。

○「適切な保険」の確認シート(国土交通省ホームページ)
http://www.mlit.go.jp/common/001217640.pdf

 

オータ事務所グループの建設産業活性化センターでは、社員教育や下請企業の指導等にご活用頂ける各種出張セミナーを行っております。今回取り上げました社会保険をテーマにしたセミナーも多くの開催実績がございます。詳しくは建設産業活性化センターのホームページよりご確認ください。

さらに、オータ事務所グループの社会保険労務士部門、OTA社会保険労務士法人では、社会保険加入手続きや社会保険委託業務も承っております。オータ事務所労働保険協会では雇用保険に加え、元請現場労災、事業主特別加入のお手続きも可能となっており、建設業を営む事業者様を社会保険の面でもサポート出来る体制を整えておりおます。社会保険手続きでお困りの建設業者の方は、お気軽にお問い合わせください。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA