労働保険事務組合の年度更新について

年度更新とは

労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間を単位として計算することになっており、その額はすべての労働者に支払われる賃金の総額にその事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになります。

労働保険料では、まず、保険年度の当初に概算で保険料を納付し、保険年度末に賃金総額が確定した上で翌年度に精算するという方法をとっています。

したがって事業主は前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付と新年度の概算保険料を納付するための申告・納付手続きを「年度更新」といいます。

 建設業などの場合のいわゆる現場労災につきましては、元請が労災保険に加入する義務がありますので、下請負人が使用した労働者に支払う賃金をも含めて保険料を算定する必要があります。

ただ、下請負人が使用した労働者に支払った賃金額を正確に把握することも困難ですので、請負金額に一定の料率(労務比率)を掛けたものを労務費として取り扱うことが一般的です。

社会保険の算定とは

社会保険の算定につきましては、被保険者の方が実際に受ける報酬と既に決定されている標準報酬がかけはなれないように、毎年1回、原則として7月1日現在の被保険者全員について、4月、5月、6月に受けた報酬の届出を7月1日から7月10日までに行い、その年の9月以降の標準報酬月額を決定します。

この決定を「定時決定」といい、定時決定を行なうために提出する届書を「算定基礎届」といいます。

このように年度更新、算定基礎届と非常に事務処理が煩雑な上、算定につきましては提出期間が非常に短く、労働保険の対象となる賃金についても様々な定義があり、専門的知識が必要となります。

そこでオータ事務所をご利用ください。

オータ事務所にご依頼いただけるメリットとしてはこんなことが挙げられます。
 
・算定基礎届は将来の被保険者の方の年金の額まで影響を与えてしまう大切な事務処理です。後々のトラブルを防ぎます。
 
・労働保険の対象となる賃金についても様々な定義がございます。この年度更新をしっかりとやらないと不必要な労働保険料を納めることになりますが、オータ事務所では正確な保険料を計算いたします。