プロジェクトリーダーにインタビューしました!

みなさま、お早うございます。オータ事務所採用ブログ担当の矢部です。

清水グループリーダーがプロジェクトリーダーにインタビューしてくれました!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

 

オータ事務所グループは、「時代を超えて発展する」というVISIONARY COMPANYを目指して、会社も社員もともに成長し続ける仕組みを導入しています。

その仕組みの1つとして「CFT(クロス・ファンクショナル・チーム)」が挙げられます。CFTとは部門横断的かつ役職にとらわれず意欲と経験・知識のある者がメンバーとなり、経営テーマについて検討、解決策を提案していくことをミッションとしたプロジェクトです。

今回は現在進行中のプロジェクトを紹介するために、プロジェクトリーダーの大森マネージャーにインタビューをしました!大森マネージャーは書類作成を担う業務部に所属しています。

 

「先ずはプロジェクトの内容を教えてください。」
経営課題の常である業務の効率化と、お客さまにより良い提案を可能にするための情報集積を目的に、顧客管理システムを抜本的に見直すプロジェクトを立ち上げました。見直しには様々な課題があり部署を横断して取り組む必要があったので、お客さまの接点となる営業部、システム管理を行うシステム課から有志を募ってスタートさせました。

CFT図

 

「プロジェクトを立ち上げたいと思ったきっかけは?」
日々書類作成を行う中で、お客さまがよりスピーディかつ正確な仕事を求めていると感じていました。このニーズを満たすためには更なる作業の自動化と、お客さまとのコミュニケーションによって得た情報をより多く集積して有効的に活用できるシステムが必要でした。そして、プロジェクトの成功は自身の成長にも繋がると思いました。

 

「その企画はどうやって経営陣に採用されたの?」
オータ事務所は社員の挑戦を後押ししてくれる会社ですが、当然プロジェクトの承認を得るために、課題・計画・スケジュール・コスト・効果をまとめ、経営会議でプレゼンテーションを行い、承認を得る必要があります。特に効果として作成スピードが向上し、繁忙期の残業時間短縮が見込める計画を作成しました。

 

「工夫して取り組んでいる点は?」
全ての部署が使用するシステムなので、各部署から多くの意見をもらうようにしています。この意見をもらうためにも信頼関係が必要で、日頃のコミュニケーションの大切さを実感しました。またルーティン業務と並行して行うため、ルーティン業務の効率化も同時に行っています。

 

「最後にCFTに対する想いや情熱を聞かせてください。」
かつて行政書士事務所の書類作成が手書きで行われていた時代、ワープロで申請書を作成したのは私たちが初めてでした。当初は審査官に否定をされたこともあったという話を先輩から聞きましたが、現在ではスタンダードになっています。このように新しいことを積極的に取り入れていく姿勢がなければ時代に取り残されてしまいます。今後も経営課題を自ら見つけて改善策をプロジェクト化したいと思います!

 

オータ事務所グループでは大森マネージャーのように経営課題を自ら見つけて、リーダーシップを発揮できる積極的な人材を求めています。採用情報は随時更新していますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せください!

 

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

いつも最後までお読みいただき有難うございます。

お時間ございましたら営業部の清水グループリーダーがやっている【建設業許可情報発信ブログ】建設業許可なんでも相談所もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA